検診年齢について。子宮頸がんは20歳代の年齢でも発症します。子宮頸がんは特に初期症状に自覚症状がないので、検診は年齢に関係なく行いましょう。




子宮頸がん検診と年齢

子宮がん検診は若い年齢の方も積極的に受けなければいけません

子宮頸がんは、若い方にも多いがんになります。20~30代での発症も珍しくありません。しかも、子宮頸がんが初期の場合には、無症状なので、定期検診、あるいは別の婦人科の病気で受診して見つかることがほとんどです。だからこそ必ず子宮頸がんは検診をしなければいけません。がんも色々ありますが.....

子宮頸がんは予防出来るがんです

20歳代でもみられる子宮頸部にできるがん

若い女性に多い病気が、子宮頸がん子宮頸がんは、子宮の頸部(入り口)に出来るがんです。子宮の頸部の粘膜は、膣側のほうから連続した扁平上皮という何層もの細胞が重なった皮におおわれており、子宮の奥のほうは円柱上皮(腺細胞)という一層性の粘膜でおおわれています。この両方の境界線である扁平円柱上皮境界(SCJ)の付近の未熟な細胞が、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染して異常に増えていくのが、子宮頸がんです。一般の子宮がん検診で行われているのは、この子宮頸がんを調べるもので、検診の普及とともに早期発見できるようになり、治癒率も高くなっています。毎年検診を受けていれば、万一発見されても、一部の特殊なタイプ(子宮頸部の悪性腺膿と小細胞がん)を除いて、子宮を摘出する必要はありません。子宮頸がんに関与しているヒトパピローマウイルス(HPV)は、性交渉によって感染します。
子宮頸部の細胞がヒトパピローマウイルスに感染すると、正常とは異なった細胞になります。このことを「異形成」といいます。そして、ウイルスの種類によって一部は、やがてがんになります。性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因ですから、性交経験のある女性ならだれでも子宮頸がんになる可能性があります。
一般的には性交渉の盛んな10歳代後半から20歳代に異形成が多く、子宮頸がんは20~30歳代前半に多い傾向があります。
こうした子宮頸がんの性質上、50歳前後以降に新たに異形成や子宮頸がんが発症するのはあまりありません。

スポンサードリンク

発生率も死亡率も高齢になるほど増加

若い人のがんは進行が早く、高齢者のがんは進行が遅いなどと言われているようですが、一概には言えません。逆に、増殖速度の早いがんは高齢者に多くみられます。進行の早い未分化がんや癌肉腫などは、高齢者のほうが多いのです。年を取るほど免疫機能も低下しています。がんの発生率もがんによる死亡率も高齢になるほど増加します。子宮体がんは閉経後のほうが多いです。

女性特有のがんは40~50代に多い

がんは遺伝子の傷の蓄積によって起こるので、多くの場合、年齢が上になるほど多く発生してきます。ところが、女性特有のがんである子宮がん・卵巣がん・乳がんは、年齢でみていくと、40代でかかるがんのうち、6割をも占めるのです。年齢別にみたがんの絶対数では、高齢になるほど増加していますが、女性特有のがんは、40~50代の年齢の方に多く発生しています。

ページの先頭へ