子宮がん,代替,医療】代替医療には、サプリメントや健康食品、温泉、食事療法などあります、大切な事は子宮がんの代替医療は主治医に相談する事




代替医療(だいたいいりょう)

がんに効くとされる療法はたくさんあります(サプリメント、健康食品、玄米菜食、呼吸法など)。本当にがんに効くのか証明されていない、現段階では医療とみなされていない、これらのような療法は、「代替療法または「民間療法」と呼ばれています。正式には「補完代替医療」といいます。がん患者の約半数がなんらかの代替療法を試しているといわれ、多くの患者さんが、少しでも治療の助けになることをしたいという気持ちをもっていることがわかります。適切に使えば、がんと向き合う気持ちを高める手助けにはなります。興味があれば、試してみてもいいでしょう。

代替療法の注意点

代替療法は、本当に効果があるかどうか、科学的根拠にもとづいたデータありません。ですから、自分自身の判断と責任において行うことを心得てください。効果が実証されているがん治療をやめて、効果の実証されていない代替療法を行うにあたっては、ご家族とも十分に相談して慎重に判断することが必要になります。また、効果や毒性などは不確かなものも多く、健康保険もきかないので一般的に高価です。始めるときはよく考えることが肝心です。安易に商品の購入を知り合いにすすめることも控えてください。一番確実なのは、代替療法を行う場合は、事前に主治医と相談する事です。代替療法なんて怒られると思うかもしれませんが、主治医に黙って薬や健康食品などをとっていると、純粋な検査データがとれなくなったり、抗がん剤やホルモン剤の効果に影響を与えたり弱めたり、副作用が出たりする可能性もあります。当たり前ですが、医者の目的は患者さんのガンを直す事です。ですから遠慮せずに、どんなに小さいことでも主治医に相談してください。がん治療を主体として、どのように代替療法を進めるかなどアドバイスを受け、情報を共有することが大切です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ