細胞診,判定,クラスは、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)が高い確率で分かる細胞診になります。細胞診はクラス別になっています。参考にしましょう




細胞診判定クラス(子宮がん検診)

子宮頸がん・子宮体がんが高い確率でわかる細胞診

子宮頸部や子宮内膜の表面を、綿棒やブラシ、あるいは専用の器具を用いて少しこすり、顕微鏡で見て、異型細胞やがん細胞がないかを調べる検査が細胞診です。

子宮頸がんの細胞診

子宮頸部にヘラ、あるいは綿棒のようなものを当てて、軽くこすり、表面の粘膜の細胞を採取します。痛みはほとんどありません。判定の結果は、クラスI~クラスVに分類されます。クラスⅢ以上は組織診を行う必要があります。
なお、このクラス分類は、がん進行期の分類とはまったく違うものですので、混同しないように注意してください。

子宮体がんの細胞診

子宮がん検診器具ブラシ、あるいは細いストローのような器具を子宮の奥(子宮内膜のある子宮内腔)まで挿入して、内膜の細胞をこすり取るか、または吸引して細胞を採取します。
判定結果のクラス分類は、通常は子宮頸がんのような方法ではなく
「陰性・擬陽性・陽性」 の3つに分けたり、クラスI・Ⅱを正常、クラスⅢを子宮内膜増殖症、クラスⅣ・Ⅴを子宮体がん(子宮内膜がん)とすることが多くなっています。

子宮頸がん細胞診判定クラス

クラスⅠ
正常
クラスⅡ
炎症
クラスⅢa
軽度~中等度の異形成を想定する
クラスⅢb
高度異形成を想定する
クラスⅣ
上皮内がん(0期)を想定する
クラスⅤ
子宮頸がんの浸潤がんを想定する

スポンサードリンク

細胞診のクラスと、がんの進行期分類は違うものです

子宮頸がんの細胞診判定は、クラスIからクラスVまで分かれています。クラスIは正常で、クラスⅢくらいから悪性が疑われるという、おおっざばなスクリーニングテスト(ふるい分け)です。一方、がんの進行期分類は、0期~Ⅳ期まで分かれています。がんがどれだけ進行しているか、どれだけ広がっているかを示すものです。このように、細胞診のクラス分けとがんの進行期(ステージ)分類は違うものです。仮に細胞診の結果がクラスⅢだとしても、自分はかなり進行したがんだ、などと勘違いしないでください。医師も患者さんに説明するときは、「細胞診の結果は、クラスⅢですが、これはがんの進行期とは違うものなので、こわがらずに」というように説明すべきですが、「あなたはIからVまでのうちのⅢです」というように、数字だけ伝えることがあるそうです。これが混乱を招く原因になっています。実際、細胞診でクラスⅢb(進行したがんではなく、高度異形成の疑い)と結果の出た患者さんに対して、担当医があいまいな説明をしたことによって、患者さんががんの進行期の「Ⅲb期」と思い込み、絶望的になってしまった例もあるとの事です
医療の現場では、医師が正確に説明することは当然ですが、患者さんも不安や疑問などをひとりで抱え込まないで、遠慮なく医師に尋ねることが重要です。

ページの先頭へ