子宮がん,検診は子宮頸がん発見、予防の最善策です。ただし、子宮体がんは発見することは出来ないので、注意がひつようです。早期発見の為にも、子宮がんの検診を受けましょう




子宮がん検診

早期発見、20代からの子宮がん検診

point子宮体がんは一般的に行われている【子宮がん検診】では、子宮体がんを発見する事が出来ないので注意が必要です。一般的に行われている【子宮がん検診】は、【子宮頸がん検診】のみになっています。一般的に行われている、子宮がん検診は、浸潤がんを見つける精度は非常に高いのですが、子宮体がんは通常、この検診では分かりません。ですから、無症状でも心配な場合は、子宮体がんが発症し始める更年期前あたりに、人間ドックで子宮体がん検診を受けるようにしましょう。
子宮がんの中でも、子宮頸がんは、子宮体がんと違って初期には自覚症状がほとんどありません。そのため、早期発見には子宮がん検診が重要になります。以前は30歳以上が対象でしたが、子宮頸がんが若い女性に増えていることから、2004年に対象年齢が20歳以上に引き下げられました。市区町村で自治体が費用を助成する集団検診や医療機関での検診のほか、職場での健康診断に組み込まれている場合もあります。

日本人女性の低い子宮がん検診率

日本では、子宮がん検診(子宮頸がん検診)を受けている人は約2~3割、明らかに少ないのが現状

そんな中、欧米では18歳以上の約8割が子宮がん検診を受診しています。予防医療に敏感な欧米ならではかもしれませんが、早期発見が一番大切な治療です。ですから、子宮頸がんの検診は、性交渉の経験が一度でもあるのなら、検診対象者だと自覚をする事が大切です。HPV感染から子宮頸がんになるまでには、およそ五~数十年という長い年月がかかります。少なくとも2年に一度、定期的に子宮がん検診を受けていれば、異形成が浸潤子宮頸がんに進行する前に発見することが可能になります。異形成の段階で見つかれば、がんになる前に治療が可能となるうえ、仮にがんであっても初期ならば、ほぼ100%治すことができます。ただし、短期間に進行する症例もまれにあるため、自覚症状が続く場合は、検診では異常がなくても、保険診療として婦人科を受診してください。子宮がん検診では、問診と内診のあとに細胞診が行われます。最近ではこの細胞診に加え、HPVに感染しているかどうかを調べる【HPV検査】を実施するところも増えてきています。
費用は、細胞診までなら実費で3000~5000円程度。HPV検査は別途申し込みが必要で、5000~8000円くらいです。細胞診は健康保険組合や自治体が実施する検診なら、一部もしくは全額が補助されます。ただし、HPV検査については補助がありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ