化学治療抗がん剤治療)子宮がんに効く抗がん剤には、シスプラチン、カルボプラチンなどがある。化学療法(抗が剤治療)は全身に転移したがんを攻撃




化学療法【抗がん剤治療】

化学療法(抗がん剤治療)とは、抗がん剤を用いて、がん細胞のDNAやRNAの合成を阻害し、がんの分裂・増殖を抑える治療法

血液にのって全身をめぐり転移したがんも攻撃

抗がん剤を投与するときは、飲み薬や動脈注射・筋肉注射などいくつかの方法がありますが、静脈への点滴を利用するのがもっともよく行われる方法です。がん細胞が体のどこかに転移していても、全身に効果が期待できるのが、科学療法(抗がん剤治療)のメリットになります。その反対のデメリットは、全身の正常な細胞も悪影響を受けて副作用が出る事です。

手術療法と化学療法

手術療法と放射線療法は局所的ながんの治療に有効なのですが、全身にがん細胞が散らばっている場合、手術で全てを取り切る事が出来ません、また、放射線を全身に当てることも副作用が強すぎて不可能です。その点、化学療法(抗がん剤治療)は、全身をくまなく治療できる点がメリットです。

子宮がんと、化学療法(抗がん剤治療)

子宮がんは比較的、抗がん剤が効きにくいがんに分類されています。複数の薬剤を組み合わせたり、ほかの治療法と併用したりすることで、より効果が得られるように検討が進められています。

抗がん剤治療の現状

がんが進行しているとき、まず腫瘍を抗がん剤で小さくしてから手術をしたほうが効果的と判断された時、手術前に行われます
再発のリスクがある時、がんを綺麗に手術でとりきっている場合でも、目に見えないがんが、何処かに残っている事があるので、手術後の再発予防で行われます。
再発したときに行う
放射線治療の効果を高めるために同時に行う【同時化学放射線療法】

同時化学放射線療法

同時化学放射線療法は、進行子宮頸がんの治療法として大変注目されています。放射線治療だけで治療する場合とくらべて生存率が改善することが、海外の多くの臨床試験で証明されています。

スポンサードリンク

通院しながら、外来で治療できる施設も増加

副作用に対する対応策が確立されていることから、通院して外来で抗がん剤治療をすることが可能になってきています。仕事や家族と過ごす家庭での時間と治療が両立できるため、利用者は増える傾向にあります。ただ、副作用が強く出た人、全身の合併症がある人などは、医師の判断によって入院が必要になることもあるでしょう。

ページの先頭へ