子宮体がん分類について、子宮体がんは、Ⅰ型、Ⅱ型があり、組織型の違いによって、子宮体がんはさらに分類されます




子宮体がん分類

ホルモンの影響が関係して大別される

子宮内膜はエストロゲンによってつくられ、エストロゲン過剰になるとがん化しやすくなります。しかし、子宮体がん(子宮内膜がん)の中にはエストロゲンが直接関与しないタイプもあります。
エストロゲンの影響を受けている子宮体がんを【I型】、影響を受けない子宮体がんを【Ⅱ型】といいます、

子宮体がんの2つのタイプ

一般的な子宮体がんのイメージは、更年期以降の肥満女性で、脂肪が多く、アロマターゼ活性が高く、エストロゲン過剰になっているⅠ型です。
I型が全体の90%を占め、残り10%がⅡ型の子宮がんです

Ⅰ型
進行は遅く、予後は良好です。正常細胞がエストロゲンの影響で子宮内膜異型増殖症(前がん状態)となり、最終的に子宮体がんI型になります。定期的に子宮体がん検診を受けていれば、前がん状態かIa期で発見され、手遅れになることはまずありません。
Ⅱ型
60歳以上に多いがんです。進行が早く、リンパ節転移しやすい、抗がん剤も効きにくいなどの傾向があり、予後は不良です。

スポンサードリンク

組織型の違いによる分類

子宮体がん(子宮内膜がん)は、組織型の違いによって、さらに次のように分けられています。

扁平上皮がん

扁平上皮にできるガンです。子宮体がんの場合は非常にまれです。

漿液性腺がん

進行が早く、浸潤や転移もしばしば起こります。卵巣の漿液性腺がんとは異なり、抗がん剤が効きにくく、子宮体がんの中で最も予後不良です。

粘液性腺がん

卵巣の明細胞腺がんと同様の特徴をもっており、リンパ節転移も多く、化学療法が効かないため、完全手術をしないと、予後は不良です。細胞質内に多量の粘液がある腺がんで、稀なガンですが、予後は悪くありません。

類内膜腺がん

もとの子宮内膜によく似た上皮性悪性腫瘍のことで、子宮体がんの8割を占めます。類内膜腺がんは、がんの分化度により分化度1から3に分類されます。類内膜腺がんで分化皮1、2であれば予後は良好ですが、分化度3は予後不良です。

混合がん

複数の組織型を含んでいるガンです。

未分類がん

どのタイプにもあてはまらないガンで、きわめて稀です。予後は不良です。なお、I型の組織型は主に、類内膜型の分化度1、2で、Ⅱ型の組織型は主に、漿液性、明細胞、未分化、類内膜型の分化度3です。

ページの先頭へ