排尿障害子宮がんの術後症状について。子宮頸がん、広汎子宮全摘出手術後に起こりやすい合併症です。排尿障害の対策や注意点について




排尿障害

子宮摘出手術後の排尿障害

子宮頸がんIb~Ⅱ期に対する広汎子宮全摘出手術後に起こりやすい合併症です。子宮体がん(子宮内膜がん)、卵巣がんの手術では稀です。広汎子宮全摘出術によって骨盤内にある膀胱につながる神経を切除したり、またはダメージを与えたために起こるものです。広汎子宮全摘出後、放射線照射を受けると膀胱を伸び縮みさせる筋肉へのダメージなども加わり、さらに排尿障害が起こりやすく、回復も遅れがちになります。

症状や改善の程度には個人差がある

トイレ手術後の排尿障害には、次のような症状がみられます。尿がたまっても、わからない(尿意がなくなる)。尿がうまく出ない。膀胱の機能が低下しているため、もつねに尿が少しずつ漏れたり、ちょっとした刺激で尿が漏れ出たりする。手術直後には、自分で排尿ができないので、尿道からカテーテルを入れ、その先に尿を受ける袋をつけて尿を採ります。カテーテルは数日後に取り除かれますが、たいていの病院では、その後、排尿のための練習(膀胱訓練)を行います。尿意がなくても、一定時間ごとにトイレに行って、腹圧によって尿を出すようにします。ある程度自分で排尿できるようになり、膀胱への残尿が少なくなってから退院となります。排尿障害は、時間とともに解消されてくることもあります。入院中はうまくいかなくて不安をかかえていても、退院してみると、動きが多くなるため、一気に排尿機能が回復することも少なくありません。また、回復してきたのに、一時期もとに戻ってしまうということもありますが、しだいによくなることが多いので、けっしてあせらないことです。なかなか自然排尿がうまくいかない場合は、尿道にカテーテルを入れて排尿する、自己導尿の練習を行うこともあります。

膀胱炎などの細菌感染に注意

排尿障害によって尿が出にくいのは日常生活において困りますが、最も問題なのは、膀胱に残っている尿の量が多いと、細菌感染を起こしやすい点です。膀胱炎になったり、そじん、つじんえんれが腎臓に及ぶと腎孟腎炎を起こすこともあります。トイレが極端に近くなる、排尿の際に痛みを伴う、尿がにごるといった症状がみられたら、感染症の可能性があります。なるべく早く受診するようにしましょう。

排尿障害の対策

排尿障害の対策として、日常生活で水分のとり方に気を配ったり、市販されている尿パットを上手に使うという方法があります。また、おなかに力を入れると尿が漏れるような場合は、骨盤底筋を鍛える運動をすることでよくなることもあります。それでもよくならないときは、主治医と相談しましょう。薬を使って、排尿障害を媛和する方法もありますし、場合によっては、自己導尿に切り替えたほうがよいと指導されることもあります。

スポンサードリンク

子宮摘出後の排尿障害対策

尿意がなくても、きまった時間にトイレに行く
水分を摂る事を制限せず、十分にとって細菌を洗い流す。1日約1.5リットル以内
就寝前は水分を摂る事を控える
骨盤底筋を鍛える体操をする
尿もれ用パッドの活用をする

ページの先頭へ