リンパ浮腫,子宮がん術後,症状について。リンパ浮腫はリンパ節郭清や放射線治療を受けた術後の浮腫症状です。子宮がんとリンパ浮腫の関連性など




リンパ浮腫と子宮がん

リンパ液がたまってむくんだ状態

がんの進行度によっては、正確な診断や転移病巣を摘出するために手術でリンパ節を切除(郭清(かくせい))しなければならないことがあります。また、放射線療法により、照射を受けた部分のリンパ管やリンパ節がダメージを受けて機能しなくなることもあります。そのために、足から心臓に戻るリンパの流れが悪くなってリンパ液が下半身にたまり、むくみ(浮腫)が起こります。これがリンパ浮腫です。
片足に起こることが多いのですが、ときには両足に起こることもあります。症状としては、足がむくみ、太もものつけ根が重くなったり、歩きづらくなります。ときには外陰部が腫れてくることもあります。さらにひどくなると、ちょっとした傷などから細菌感染を起こし、足が赤く腫れあがり、高熱が出ることがあります。これを「蜂裔織炎(ほうかしきえん)」といいます。リンパ浮腫は、数日で急激に進むこともありますから軽視できません。しかも、いったんむくみだすと、なかなかもとには戻りにくくなります。命にかかわるわけではありませんが、日常生活に支障をきたしたり、精神的なダメージも強くなりますから、できるだけ発症しないように日ごろの予防が大切になります。

リンパの流れは再生する

症状が出るほどのリンパ浮腫が起こるのは、リンパ節郭清や放射線治療を受けた患者さんの数人に一人程度です。すべての人に発症するわけではありません。これは、リンパ管が手術などで切除されても、体が新しいリンパ管をつくり出し、リンパ液を流すようにするためです。しかし、郭清の範囲やリンパの流れの回復は「人ひとり状況が異なり、元のリンパ管と同じようには働けません。そのため、正座や下着の締めつけなどで簡単にせき止められ、リンパ浮腫が起こることがあるのです。

寝るときは足を高くし、長時間の立ち仕事は避ける

リンパ浮腫を起こさないようにするためには、寝ているときやいす座るときに、できるだけ足をおろしたままにせず、高めの位置(心臓より高くするのがベスト)に保つことがポイントです。これは、リンパ液をなるべく足のほうにためておかないようにするためです。同様の理由から、なるべく立ったままの仕事は避けるようにし、どうしても避けられないときには、休みをこまめにとるなどの配慮をするようにしましょう。飛行機や車などに乗っているときも同様です。ときどき足を上げるなど、長時間、足を下げた姿勢をとり続けることは避けるようにします。

スポンサードリンク

リンパ浮腫改善

弾性ストッキング

日常生活で気をつけていても、むくみが出てくることもあります。むくみは一度でるとなかなか解消しにくいですが、初期の段階の治療法として、弾性包帯や弾性ストッキングを着用する方法があります。弾性包帯や弾性ストッキングは、足全体に圧力をかけてリンパ浮腫の進行を防ぐものです。就寝中以外、1日中着用するものですから、毎日着用することを考えると、弾性包帯よりは、着脱しやすい弾性ストッキングのほうが便利でしょう。サイズもいろいろありますから、医師に相談してみてください。

リンパドレナージ

むくみの対策には、リンパマッサージも効果があります。このリンパマッサージは足を漫然とマッサージすればいいわけではありません。うまくリンパ液の流れを促すためには、専門家によって施術してもらうか、専門家に指導を受けてから行う必要があります。がん治療により主要なリンパ節を摘出していたり、放射線療法でリンパの流れが阻害されたりしてリンパ液がうまく流れていない場合は、リンパドレナージというマッサージでリンパ液を誘導し、その流れを心臓へ戻すことができます。この方法がリンパドレナージです。このリンパドレナージは、リンパ浮腫の専門知識と技術を習得したセラピストの指導を受けながら、自分で行えるようになるとよいでしょう。注意点としては、リンパドレナージとリンパドレナージュは違います。注意が必要です。

ページの先頭へ