子宮体がん治療ホルモン療法)のメリット、デメリットや子宮体がん、ホルモン療法の治療法について。メドロキシプロゲステロン酢酸エステルの服用




ホルモン療法

子宮体がん、ホルモン療法の最大のメリットは出産が出来る事です

ホルモンの錠剤を長期間服用する

薬子宮体がんの発生には、プロゲステロンの不足が大きく関係しています。このホルモン療法では、プロゲステロンの作用をもつ【メドロキシプロゲステロン酢酸エステル】を3~6カ月以上の長期間にわたって錠剤で毎日服用します。その場合、がんの病巣を含む子宮内膜をすべて掻爬(そうは)する治療と組み合わせることが一般的。掻爬した内膜を観察することによって、正確な病理診断ができます。このホルモン療法は、子宮体がん0期や、がんがまだ子宮内膜にとどまっており、子宮筋層にまで浸潤がないIa期と考えられる場合には、ホルモン療法を行うことがあります。
また、きわめて進行した子宮体がんで抗がん剤治療が無効の場合などにホルモン療法を行うこともあります。子宮を温存してホルモン療法を行う条件には、Ia期以下であることと、将来的に出産を強く希望すること、細胞の性質から効果が期待できることがあげられます。また、心臓病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの血栓が原因の病気や、血栓症のある人、血液が固まりやすい体質の人などは、原則としてホルモン療法の適用は出来ません。

ホルモン療法メリットとデメリット

この治療法の最大のメリットは出産ができることなので、近年、若年の子宮体がんでホルモン療法を希望する人は増えています。ただ、癒率も安全性も、より高いのは子宮全摘出術というのが現状です。投与中に十分な効果が得られず、その間にがんが進行する事もあり、治療中も十分な検査が必要となります。開始から約3~6カ月後に検査を受けてみて、あまり効果が得られないなら、ホルモン療法はあきらめざるをえないケースもあります。その場合は残念ながら、手術による子宮摘出をおすすめする場合もあります。

血栓症

【血栓症】という、副作用がホルモン療法を行う場合に発生率は低いですが、起る事があります。この、血栓症は、血液が固まりやすくなって血栓(血液のかたまり)ができる症状です。
血栓があると、、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓、下肢・腹部動静脈血栓などが引き起こす事もあるので慎重に対処しなければいけません。

肝機能障害

黄体ホルモンを大量に投与すると、肝機能障害が起こるリスクもあります。赤ちゃんがどうしてもほしい場合に選ばれる治療法ではありますが、副作用がある事に注意してください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ