インフォームドコンセント(子宮がん)について




インフォームドコンセント

医師や看護師などから検査や治療、診断などについて十分に説明を受け、疑問点などを解消。心から納得してその検査や治療を受けることに同意することを、インフォームドコンセント(説明と同意)といいます

がんの治療方針を選択するのに必要

インフォームドコンセントという言葉は、日本語では『説明と同意』という意味です。簡単に言うと、医療行為の実施には患者の同意が必要であり、同意をしてもらう為にも、医師による十分な説明がされることが必要ということです。現代医療では、医師は、がんの種類や進行度、治療の目的や種類、および方法、副作用、それらがもたらす予後や治療後の生活などについても、患者さんとその家族に十分説明することが求められています。特にがんの治療となると、手術や放射線療法、化学療法などの医療処置を受けて、苦痛や不快、不安を感じる度合いが他の病気にくらべて極めて高い為、 自分の病態や治療に関して説明を受け、メリット、デメリットなどもしっかり把超したうえで、最終的な治療方針を、患者さん自ら、同意しましょう。

インフォームドコンセントで大切な事

家族やパートナーなど信頼できる人と一緒に受ける

メモをしっかりとる

わからないことは納得いくまで質問する

家族が同席しないと、あとで治療法、治療費などで後日家族間で、もめることもあるので、家族同席でインフォームドコンセントは受けましょう。(一番信頼できる人が家族でない場合は、そのことも伝えておくといいでしょう)

スポンサードリンク

インフォームドコンセントのポイント

体の状態や検査結果について
どのような病気が推察されるか
どのくらい進行しているか、進行期は?
どのような治療の選択肢があるか
治療法により成績が違うか
治療の副作用や後遺症について
治る確率は?
治療後の生活は、治療前のように戻るのか
再発率や生存率は?

ページの先頭へ