子宮がん腸閉塞症状について。子宮や卵巣のがんに限らず、良性腫瘍であっても、開腹手術後には腸の癒着(腸閉塞)が起こりやすくなります




腸閉塞

腸閉塞とは、小腸や大腸のどこかに食べ物や消化液、ガスなどが詰まった状態

手術後には腸が癒着を起こしやすい

子宮や卵巣のがんに限らず、良性腫瘍であっても、開腹手術後には腸の癒着が起こりやすくなります。これは腸を直接切ったりしない場合でも同じです。
手術後には組織の修復のために様々な【サイトカイン】という免疫系にかかわる物質が出てきて、手術で引き起こされた炎症を繊維化して治そうとする働きをします。これは、生体反応ですから、臓器の癒着は程
度の差こそあれ、術後は必ず起こるものです。最近は臓器の癒着を防止する特殊なフィルムが開発され、開腹前に腸の表面に貼るようにして癒着防止に努めていますが、それでも、ときどき腸が癒着を起こし、腸が折れ曲がったり、ねじれたりして、腸閉塞になる場合があります。

絞扼性腸閉塞(こうやくせいちょうへいそく)

腸管膜が締めつけられることで、血行障害が起こり、腸管が壊死してしまうことがあります。これを【絞扼性腸閉塞】と言います。絞扼性腸閉塞は、緊急手術が必要となり、適切な処置をしないと、命にかかわることがあります。

突然の腹痛と吐き気に要注意

腸閉塞の症状は、便秘、突然起こる腹痛や吐き気、おう吐などです。同時におなかが張った感じ(腹部膨満感)がします。実際、腹部がふくらんでくることもあります。腹部の痛み方は、キリキリと強い痛みが起こったあと、しばらく痛みが遠のき、再びキリキリと痛み出すといった状態を繰り返します(疝痛発作)。
おう吐物は、食べ物だけでなく、胃液や黄色い胆汁を含み、さらにひどくなると下痢便のような色やにおいを伴ったものになります。
絞扼性腸閉塞の場合は、激しい腹痛、おう吐、発熱や頻脈(ひんみゃく)などの症状とともに、顔面も蒼白(そうはく)になり、冷や汗が出て、やがてショック症状が起きるなど、激しい症状が出ます。こうなる前に、早急に対処しなければなりません。

内科的治療

腸閉塞になっても、絞扼性腸閉塞でなければ、多くは手術をせずに内科的な治療で治ります。一時的に飲食を一切断ち、点滴で栄養補給しながら、腸を動かします。軽症の場合は、しばらくこの状態を続けるだけで治ります。それでもよくならない場合は、鼻から胃腸に管を入れ、内容物を吸い上げて腸管の内圧を下げます。1週間前後の内科的治療で治らないような場合は、手術が必要になることがあます。かつて腸閉塞は、比較的簡単に手術が行われていましたが、手術によって再び別な癒着が起こる可能性もあるため、内科的治療で経過を見る場合が多くなっています。絞振性の腸閉塞の場合は、命にかかわるため、早急に手術を行います。

スポンサードリンク

腸閉塞の予防法

①手術後3年間は、満腹になるまで食べ過ぎないように注意。

②整腸作用のある食べ物をとり、水分を十分摂取するなど、便秘にならないよう管理する。

手術後の腸閉塞はいつ起こるかわかりません。手術をしてから日が経っていないうちに起こることもありますし、何年もたってから起こることもあります。また、手術を受けても一生腸閉塞にならない人もいますし、何度も躁り返す人もいます。とくに、一度腸閉塞を起こし、内科的治療で治っても、根本的な治療を受けているわけではないので、再発する可能性があります。症状が現れたら、すみやかに受診しましょう。

ページの先頭へ