子宮頸がん,初期,症状は無症状。子宮頸がんチェックをしよう。また、、水賢症、膀胱膣瘻、直腸膣瘻の症状が起る事も。初期症状が無い子宮頸がんに注意




子宮頸がん初期症状

子宮頸がんの初期症状

子宮頸がんは、初期症状がほとんど無いガンです。ですから子宮頸がんは、子宮がん検診が特に重要です。実際に早期で発見される方の大部分は子宮がん検診を受けた方になります。また、子宮頸がんは早期に発見できれば100%治る予防が効くがんです。
子宮頸がんの初期症状の中には、おりものが増えたり、性交時の不正出血が時々みられる事があります。

性交時出血

性交時出血は、子宮頸部から膣に向かって腫瘍が露出していると、ペニスが接触して出血が起こるために起こります。

周囲の膿器から症状があらわれ始める

子宮頸がんが進行していくと、感染も伴い、おりものが肉汁やうみのようになって量も増加し、ひどい悪臭を伴うこともあります。また、下腹部痛や発熱を生じたりもします。そして、やがて骨盤内で子宮に隣接した臓器にも症状があらわれ始めるでしょう子宮頸部の前方には膀胱、後方には直腸、下方には膣、サイドには骨盤壁があります。子宮頸がんは、やがてこれらの臓器に直接、浸潤(正常な組織を破壊して、深くもぐり込む)していくのです。
腰痛や足の痛みなど神経に関係した痛みは、骨盤内の腰の背骨近くの神経をがんが圧迫することで起こります。がんがリンパの流れを妨げて、足がむくむ、リンパ浮腫が発生することも珍しくありません。また膀胱に浸潤すると、頻尿、排尿困難、血尿、尿路閉塞などを引き起こします。直腸へがんがもぐり込めば、血便、通過障害(腸閉塞)などになります。やがて水賢症や膀胱膣瘻、直腸膣瘻などが起こる事もあります。初期症状のない子宮頸がんに気が付く為には、定期検診をうけることが一番大切です。

子宮頸がん進行

子宮頸がん 0-Ia期 まったく無症状
Ib1期 不正性器出血、性交後の出血、血の混じったおりものなど
進行すると 腰痛、背部痛など

スポンサードリンク

子宮頸がん症状チェック

腰や背骨の痛み
脚のむくみ
悪臭を伴うおりもの
頻尿・排尿障害
血便
水賢症

賢臓から尿道までの間での尿の流れが悪くなり、その部分より上に尿がたまった状態

膀胱膣瘻

膀胱に穴があき、膀胱と膣の間に通路ができた状態で、尿が膣のほうへもれてくる

直腸膣瘻

直腸壁が破れ、直腸と膣の間に通路が出来た状態。便が膣のほうへもれてくる

ページの先頭へ