子宮体がん、子宮頸がんの手術では、リンパ節摘出手術【リンパ節郭清】も行われます。リンパ浮腫の原因でもある【リンパ節郭清】の目的を知ろう




リンパ節郭清(りんぱせつかくせい)

がんが転移しやすいリンパ節

私たちの体のなかには、動脈と静脈のほかに、リンパ管が網の目のようにはりめぐらされています。このリンパ管にはリンパ液という体液が循環しており、リンパ液は最終的に心臓に戻るようになっています。
リンパ管のところどころには、リンパ節という球状の関所のような場所があります。

リンパ節の役目

リンパ節は免疫をつかさどる細胞を貯蔵しており、リンパ管を流れてきた細菌などの有害物質を血液の流れに乗せないように、フィルターの役目をして細菌やがん細胞を取り込む役目があります。また、がん細胞を破壊させる防御物質をもち、流れてきたがん細胞と闘う場所でもあります。

リンパ節転移

リンパ節転移というのは、破壊できなかったがん細胞がリンパ節に定着し、増殖することをいいます。この、リンパ節転移が起ると、リンパ液を通してがんが全身に広がる可能性も否定できません。

リンパ節郭清

リンパ節郭清というのは、がんのあった病巣に所属したリンパ節を切除する処置の事をいいます。この、リンパ節郭清は、再発予防の目的のほかに、摘出したリンパ節を顕微鏡で観察し、リンパ節転移の有無や転移の個数を調べ、術後の治療方針を決定するのに役立ちます。

がん治療方針決定に重要な情報となる、リンパ節

子宮体がんや子宮頸がんの場合は、主として骨盤リンパ節郭清(必要に応じて傍大動脈リンパ節郭清)が行われます。骨盤リンパ節はその部位によって、総腸骨リンパ節、外腸骨リンパ節、鼠径上リンパ節、閉鎖リンパ節、基靭帯リンパ節、内腸骨リンパ節、仙骨リンパ節に分類されます。
リンパ節は太い血管の周囲にあるため、血管からリンパ節をていねいにはがして摘出することになります。周囲にも走っているため、熟練を要する手術といえるでしょう。
骨盤リンパ節や傍大動脈リンパ節の郭清を行った場合、後遺症として足などがむくむ(リンパ浮腫)を引き起こす事があるので、手術の前に予防法などを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ