子宮体がんになりやすい体質は、脂肪(エストロゲン)年齢(閉経)、不正出血などがあげられます。規則正しい月経がある若い方は、子宮体がんはあまり心配いりません。




子宮体がん、なりやすい方

子宮体がんは、閉経前後の年代に多いが、若年化する傾向もあります

子宮体がんは、女性ホルモンのバランスがくずれやすい閉経前後の50~60代に多くみられますが、最近では40代を中心とした、月経不順、妊娠・出産の経験がない、閉経前の年代の発症も目立ち、若年化している傾向もあります。また、月経不順、更年期以降の不正出血や出産経験の無い方はどうしても、子宮体がんになりやすいです。

月経不順

月経不順で排卵がうまく行われないと、エストロゲンが過剰になり、子宮体がんが発生する場所である子宮内膜が増殖しやすくなる為、子宮体がんになりやすい。また、子宮体がんの症状として、月経時以外に出血する不正出血があります。不正出血があったら月経不順と自己判断せず、婦人科を受診することが大切。

更年期以降の不正出血

更年期では、排卵のあとに分泌されるはずのプロゲステロンが、月経があるようにみえても排卵が起こっていない場合もあるので、十分に分泌されていないことが多いので、子宮体がんになりやすい

妊娠・出産の経験が少ない

妊娠すると、大量のプロゲステロンが黄体や胎盤から分泌されます。しかし妊娠・出産の経験が少ないと、体内にプロゲステロンが多い期間が相対的に短くなり、子宮内膜が増殖しやすくなります。その為子宮体がんになりやすくなります。

肥満とエストロゲン

太っている

エストロゲン】は卵巣だけでなく、体の脂肪組織でもつくられます。脂肪組織で活性化し、血中に分泌されるので、肥満につながる高脂肪・高エネルギーの食生活を長く続けていれば、エストロゲンが過剰になりやすい傾向があります。

治療でホルモン薬を服用している

更年期障害のホルモン療法でエストロゲンを単独で補充していたり、乳がんの手術後、ホルモン療法で用いられる【タモキシフエン】という薬を服用している場合は注意が必要です。これらのほかにも、遺伝的要因など、女性ホルモンとは関係なく発症することがあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ