病院,選び方,子宮がん治療】失敗できない病気(がん)だからこそ、信頼出来る医者を探そう。病院選びから治療は始まります




子宮がん治療、病院の選び方

婦人科がんの専門医(放射線治療専門医)がいる病院を探そう

病院選びには、事前の情報収集が欠かせません。インターネット、がん関連の書籍、医療雑誌、がんのサポートグループなどを利用したり、口コミも頼りになるでしょう。かかりつけ医に紹介してもらうこともできます。子宮がんと診断されたら、「産婦人科外来または婦人科外来」を掲げている入院施設がある病院を探します。産婦人科のなかでも、産科が得意なのか、婦人科が得意なのかで大きく違うもの。婦人科に力を入れ、婦人科がんの専門医がいる病院を選ぶといいでしょう。また子宮頸がんでは放射線治療が行われる場合があります。放射線治療を行っているかどうかも重要なポイントです。

放射線治療を行っている施設、専門医の有無はインターネットで調べることができます
日本放射線腫瘍学

だれもが、よい病院やよい医師に治療してほしいと願っています。満足できる病院を選ぶためのポイントを、左にいくつかあげました。その基準は一人ひとり違うので、優先順位をつけて医療施設や医師を選ぶ目安にしてください。

がん拠点病院も選択の目安に

全国で何処でも質の高い医療が受けられるよう、国が整備を進めているのが、がん拠点病院(がん診療連携拠点病院)、都道府県の推薦にもとづいて厚生労働省が指定しています。近所に信頼できる病院がない場合、がん拠点病院を探すというのも選択肢のひとつです。がん拠点病院には、「都道府県がん診療連携拠点病院」と「地域がん診療連携拠点病院」があります。前者は、がん治療の中心を担う病院で、都道府県にだいたい1カ所指定されています。後者は、複数の市区町村に一ヶ所を目安にしていされているものです。

所在地などの情報は、国立がん研究センターがん対策情報センターのサイト
国立がん研究センター

がん専門病院と総合病院、どちらで治療を受けるか迷う人は少なくありません。がん専門病院はがんの治療にはすぐれていても、ほかの全身性の重症の病気を合併している場合に十分に対応できない場合もあります。一方、総合病院では他科と連携した治療が可能になります。治療を受けたい病院の目安がついたら、自分の持病に対応できるか、前もって確認しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

病院選びの目安

0
医療レベルが高く、必要な医療設備が整っている
医師との相性がいい
手術などの治療実績が豊富
同じような症例を多く手がけている
患者の訴えを聞き、質問にも答えてくれる
副作用や後遺症に対する対策が万全
医師だけでなく、複数のスタッフでチーム医療をしている
病院と病院・診療所の連携ができている
治療法の選択肢を示し、患者の最終決定を尊重してくれる
通院に便利
10
検査や薬のメリットだけでなく、薬の副作用や治療後の後遺症も含めたデメリットも教えてくれる
11
自分の希望する治療法を行っている
12
子宮がんにかかったことによる精神的サポートをしてくれる
13
セカンドオピニオンを求めたとき気軽に応じてくれ、検査データを提供してくれる
14
対応できないときは、ほかの医療機関を紹介してくれる
15
プライバシーへの配慮がある
16
情報を開示している

ページの先頭へ