放射線治療,副作用には、急性期と晩期があります。放射線治療の急性期や、晩期別の副作用、対処法をしっかり身につけて、子宮がんと闘いましょう




放射線療法の副作用

急性期(治療中~治療終了直後)と晩期(治療後数カ月~数年後)に放射線治療の副作用は分けられる

急性期の副作用は治療終了とともに徐々に回復しますが、晩期の副作用(後遺症)はいったん起こると治りにくい為、晩期の後遺症がでないように、治療法が工夫されます。

【急性期】副作用

急性期に出る、主な副作用は照射した部位(骨盤部)ですが、倦怠感、吐きけなどの症状や、白血球減少などが起こることもあります。急性期の副作用の多くは一時的で、治療を休むことで回復が可能です。しかし、放射線治療を休むことによる治療期間の延長で効きめがそこなわれることがありますので、自己判断で休んではいけません。治療前に医師から副作用の内容と対処法を具体的に開いておくといいでしょう。

放射線宿酔

放射線治療を開始後、数回照射してから起こります。食欲不振、頭が重い、全身の倦怠感、吐きけなど、常に船酔いしているような不快な症状があらわれます。

対処法

症状が軽いなら、吐きけ止めの薬を処方しながら様子を見ます。吐きけや嘔吐がある場合は、無理をして食べる必要はなく、口当たりがよく消化のよい食べ物を中心に食べられるものを食べるようにしましょう。
水分をこまめにとって、脱水の予防にも努めます。食欲が極端に落ちるようなら、点滴で栄養補給を。症状が強ければ、一時的に放射線治療を中止することもありますが、自己判断は禁物です。放射線治療担当医の指示に従ってください

白血球数減少、貧血

下腹部に放射線を照射することによって北且甘や骨盤にも放射線が当たり、血液をつくるもととなる幹細胞が壊されます。その為、白血球数や血小板の減少や貧血がみられることがありますが、化学療法にくらべると比較的軽い症状。白血球数が2000以下に減少すると治療を中断する場合もありますが、それほど頻度は高くありません。

対処法

減少が著しい場合には、白血球数を上昇させる薬剤を注射することもあります。白血球数が極端に下がると感染症が起こり高熱が出ることも。抗がん剤と放射線治療の併用時には十分な注意が必要です。

下痢、腹痛

照射開始後2~4週間後に徐々に出現することが多いでしょう。下腹部に放射線を照射するとその一部が腸を通過するため、腸の粘膜が影響を受けて下痢を起こしやすくなるのです。

対処法

症状が軽いなら下痢止めの内服薬を服用し、様子を見ながら放射線治療を進めます。水様性の下痢がはげしい場合、栄養状態も低下するので、治療を中断して点滴などを行い、症状が軽くなってから
再開することもあります。

皮膚炎

体の外から照射する「外部照射」の場合、放射線は皮膚を通過して病巣に届くため、照射された部位の皮膚に日やけのような症状が出まま炎症を起こし、皮膚が黒もしくは赤黒くなったり、乾燥やかゆみ、とリヒリ感があったり、皮膚がはがれおちたりします。

対処法

放射線治療中や治療後1カ月程度は皮膚炎予防を。皮膚を刺激しないよう照射部位をこすらない、やわらかい衣服を着用するなどの配慮が必要です。皮膚炎になってしまったら、ステロイドのクリームや軟膏を、かゆいときにはかゆみ止めを医師に処方してもらいます。皮膚がただれて痛いときなどは、照射をいったん休むことも。照射に行く前には軟膏はふきとっておくことも大切です。

膀胱炎

放射線治療により、頻尿などの膀胱炎症状が出る事もあります。

対処法

水分をしっかりとることが重要です。「回数が増えるから」と水分を控えることはかえって逆効果です。

※副作用の出方は人それぞれ違うので、これらの副作用がすべて出るとは限りません

スポンサードリンク

【晩期】副作用

放射線治療の副作用には、治療中に起こるもの(急性期の障害)とは別に、治療終了後、数カ月~数年たってから起こるもの(晩期の障害)があります。全体的に頻度は高くありませんが、代表的な副作用を紹介するので、症状が出たら医師に相談してみましょう。

膀胱炎、直腸炎

子宮頸部と、膀胱や直腸は近い位置にあり、子宮頸がんの場合、腔内照射の影響で膀胱や直腸に副作用が出ることがあります。治療後半年~1年くらいしてから、膀胱や直腸から出血し、血尿や血便といった症状としてあらわれることもあります。また、外部照射の影響で腸(小腸)の血流障害が起き、それにより腸管の狭窄(きょうさく)、通過障害を生じることもあります。排便前の腹痛、下痢と便秘を交互に繰り返す、といった症状が特徴です。これらは、食事の工夫、止血剤や整腸剤でコントロールできることがほとんどです。高圧酸素療法が効果的な場合もあります。しかし、ごくまれに、経過観察や薬物療法では軽快せず、人工肛門造設術、尿路変更手術などの外科的処置が必要になることがあります。

対処法

食事を工夫したり止血材が投与されます。高酸素治療が効果的な場合があります。腸管の狭窄による症状がすすんで、重症化したりすれば、人工肛門造設や尿路変更手術が必要になることもあります。

卵巣機能の消失

骨盤に外部照射を行うと卵巣にも放射線が当たり、卵巣機能がそこなわれることがあります(卵巣欠落症状)。そのため、女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏による、のぼせ、冷や汗、頭痛、頭が重い、動悸、息切れ、肩こり、イライラ、倦怠感などの更年期症状があらわれることがあります。また、エストロゲンの欠乏によって、急速に骨密度が低下することも。症状に応じて漢方薬、子宮体がん以外ならホルモン補充療法、骨粗しょう症の治療薬などによる治療が行われます。

対処法

漢方薬で対処したり、子宮体がんでないならホルモン補充療法も有効です。

膣の収縮

放射線が当たると、膣が萎縮し、ややかたくなることがあります。この症状は、治療後半年~1年くらいたってからあらわれることが多いケース。痛みなど、性交渉に障害が出るときは、膣用潤滑クリームやゼリーなどを使用すると便利なので、医師や看護師に相談を。性行為ができなくなるわけではありません。

対処法

性交時に痛みや性交障害があれば、専用の膣クリームやゼリーで対応します。

下肢のリンパ浮腫

放射線治療単独ではめったに起きませんが、手術と併用した場合に起こることがあります。リンパ管に閉塞や機能障害が出ることによって、リンパ浮腫が起こることがあります。リンパマッサージや弾性包帯・ストッキングによる圧迫などが有効です。

対処法

リンパマッサージ、弾性包帯、ストッキングの活用

ページの先頭へ