子宮体がん,治療法は、症状や進行期によって変わってきます。ここでは、子宮体がんの進行期別治療法を解説していきます




子宮体がん治療

子宮体がん図解

子宮体がんの治療は、手術療法が基本です。がんの進行具合で、手術療法に放射線療法、化学療法、ホルモン療法が加えられていきます。子宮体がん手術は子宮と同時に、卵巣・卵管も一緒に切除する【付属器切除術】が一般的です。がんに進展した場合、卵巣にがんが転移することを予防する目的で、【付属器切除術】は、どの進行期でも原則として行われています。また、実際の手術法は、患者さんの年齢や合併症の有無、病気の症状や、施設の方針などに応じて、これら治療法を単独、もしくは組み合わせて治療を行います。

0期

子宮内膜異型増殖症の状態

診断は【子宮内膜全面掻爬術(しきゅうないまくぜんめんそうはじゅつ)】で行います。
がんが転移する心配もないので、子宮だけをとり除く、単純子宮全摘出術を施します。しかし、子宮内膜異型増殖症では再発・転移はまずなく、卵巣を取ってしまうと、更年期障害のような症状も出るので、閉経前の若い患者さんの場合は、希望により卵巣と卵管を残す場合もあります。また、患者さんが将来、妊娠・出産を希望する場合は、手術をせずにホルモン療法が選択されるケースもあります。

Ⅰ期

がんは、まだ子宮体部に限られています

単純子宮全摘出術】、【準広汎子宮全摘出術】を行うのが一般的な手術になります。
同時に、卵巣と卵管も切除【付属器切除術】し、筋肉に浸潤していたり、組織の悪性度が高かったりする場合はがんが転移しやすい骨盤リンパ節と、状況によっては腹部の大動脈をとり囲むリンパ節まで広い範囲で切除【傍大動脈リンパ節郭清】をすることもあります。手術によって再発の危険性が認められた場合は、手術後に化学療法や放射線療法を行うこともあります。Ia期までで、ホルモン療法の効きがよいことが予想され、妊娠・出産を強く希望するなら、ホルモン療法を行うこともあります。

Ⅱ期

子宮体部だけでなく、子宮頸部にまでがんが広がった状態

広汎子宮全摘出術】、【準広汎子宮全摘出術】を行うのが一般的な手術になります。
子宮、卵巣、卵管、子宮を支えるすべての靭帯、膣の上部をがんから十分離れたところで切除します。それに加え、【骨盤~傍大動脈リンパ節郭清】が行われることもあります。
再発予防のために、化学療法や放射線療法が術後に追加されることが多くなります。

Ⅲ期

がんが子宮の外まで広がっていますが、骨盤内にとどまっているか、見た目のがんは子宮に限局していても骨盤あるいは傍大動脈リンパ節に転移がある状態

手術だけで治すのは困難となり、手術療法に化学療法や放射線療法を組み合わせるのが通常の治療法になります。
準広汎子宮全摘出術】あるいは【広汎子宮全摘出術】が基本治療です。そして、【付属器切除術】、【骨盤~傍大動脈リンパ節郭清】を合わせて行うのが一般的です。
手術後は、放射線療法や化学療法が行われます。がんが子宮の外に広がっていても、止血のために子宮と付属器だけは摘出することが多いのですが、手術をせずに放射線を単独で行う場合は、高齢である、ほかの全身性の重症の病気を合併している、がんが広がっているために子宮摘出を行えない場合などです。

Ⅳ期

膀胱や直腸の粘膜までがんが浸潤していたり、肺、骨、肝臓など遠くの臓器に転移している例が多く、すべてのがんを手術で切除することは困難

全身に転移したがんを治療するのは、抗がん剤による化学療法が選択されます。Ⅳ期では、化学療法(抗がん剤治療)や放射線療法が治療の柱となりますが、
単純子宮全摘出術】、【両側付属器摘出術】のみ出血を止める為に行うこともあります。放射線療法は、出血や痛みを抑えるうえで大きな効果を発揮する治療法です。また、化学療法の抗がん剤は血液の流れにのって全身へ運ばれるので、全身にがんが散らばっている時期に有効な治療法といえます。

スポンサードリンク

子宮体がん進行期別、治療法

0期
単純子宮全摘出術+付属器切除術(若年では卵巣温存手術も)妊娠・出産を希望するならホルモン療法の場合もあります
Ⅰ期
単純子宮全摘出術あるいは準広汎子宮全摘出術+付属器切除術+骨盤リンパ節郭清(+傍大動脈リンパ節郭清)(Ⅰb・Ⅰc期)
再発の危険性が認められた場合は、手術後に化学療法や放射線療法を行う場合もあります
妊娠・出産を希望するならホルモン療法(Ⅰa期まで)の場合もあります
Ⅱ期
広汎子宮全摘出術あるいは準広汎子宮全摘出術+付属器切除術+骨盤~傍大動脈リンパ節郭清
再発予防のために、術後に化学療法や放射線療法が選択される場合もあります
Ⅲ期
準広汎子宮全摘出術あるいは広汎子宮全摘出術+付属器切除術+骨盤~傍大動脈リンパ節郭清手術後は、放射線療法や化学療法
Ⅳ期
放射線療法、化学療法(単純子宮全摘出術+両側付属器摘出術を行うこともあります)

ページの先頭へ