子宮がん,手術,療法】子宮がんの手術には、単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術があります




子宮がん手術療法

手術はがんの種類によっては優先される治療法です

がんの治療法は、【手術療法】【放射線療法】【化学療法(抗がん剤療法)に分けられます。そのなかで、手術療法が行われるのは、子宮頸がんでは、切除可能な早期例、子宮体がんでは治療の中心になります。ただ手術といっても、子宮の摘出だけで切除範囲がとどまるケースもあれば、子宮周辺のリンパ節のほか、がんが広がっていれば子宮以外の臓器にまで、あらゆる範囲で病変部を切除するケースもあります。
子宮がんの手術療法には、1.円錐切除術、2.単純子宮全摘出術、3.準広汎子宮全摘出術、などがあります。子宮がんの状態や患者さんの体の様子によって、選ばれる手術療法は変わります。

手術療法の種類

円錐切除術

円錐切除術図解
組織診と治療のために、病変部を含めた子宮頸部の組織を膣側から挿入した器具で円錐状に切除する手術です。
高度異形成や子宮頸がんの0期およびIa期の手術療法として、多く用いられる方法になります。

単純子宮全摘出術

単純子宮全摘出術の範囲単純子宮全摘出術の範囲子宮を支える様々な組織と切り離し、子宮のみを切除する手術です。
子宮頸部は腹腔内にあり、膜胱や直腸に固まれていて、両側に尿管が通っています。これら周囲の臓器と子宮頸部の間を、頸部側ぎりぎりのところで切除する方法です。おなかを切って行う【腹式】と、おなかを切らずに膣から子宮や卵巣・卵管を摘出する【膣式】があります。腹式のほうが術後の痛みが少なく、腸閉塞などの合併症もあまり起こりません。しかし腹腔内に癒着があったり、出産経験がなくて膣の伸びが悪い人などは出来ない事もあります。子宮体がんであれば0期やI期、子宮頸がんであれば0期から浸潤の深さが3m以内のIa期のうち、円錐切除術などで診断され、すでに子どもがいるなどの理由で子宮摘出を希望している人や子宮頸部の奥(体部側)に腫瘍が存在する場合などに対して適用されます。

準広汎子宮全摘出術

準広汎子宮全摘出術の範囲準広汎子宮全摘出術の範囲準広汎子宮全摘出術】は、【汎子宮全摘出術】では切除する範囲が広いため、骨盤の神経を傷つけやすく、排尿困難などの後遺症が残ることがあります。このような障害を防ぐ為に考えられた手術になります。
単純子宮全摘出術より膣壁をやや長めに、子宮周囲の組織をやや広めに摘出します。単純子宮全摘出術と広汎子宮全摘出術の中間くらいの切除範囲と考えるとよいでしょう。尿官と子宮頸部の間で子宮を切断し、頸部からやや離れたラインで摘出することになるので、膀胱への影響が少ないのが利点です。I期以上の子宮体がんや、Ia期の子宮頸がんに適しています。

広汎子宮全摘出術

広汎子宮全摘出術の範囲広汎子宮全摘出術の範囲子宮、卵管、卵巣、膣および子宮周囲の組織、骨盤内リンパ節を含めて広い範囲で切除する手術です。
切除する範囲が広くなれば、その分後遺症が起こりやすくなります。勝胱へ向かう神経を損傷するので、術後に、尿意を感じにくい、排尿の勢いがないなどの排尿困難、便秘、足のむくみなど、さまざまな後遺症が出てくることもあるでしょう。子宮体がんのⅡ期や、子宮頸がんのⅠb期、Ⅱ期などのときに行います。年齢やがんの広がりによっては、卵巣を残す場合もあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ