腫瘍マーカー子宮がん症状と検診】腫瘍マーカーは、がん細胞がつくり出す物質、がん発見のために腫瘍マーカーを利用する検査のことを腫瘍マーカー診断と呼んでいます




腫瘍マーカー

腫瘍(しゅよう)マーカー

腫瘍マーカーとは、がん細胞がつくり出す物質で、その一部が血液や尿などの体液中に放出されます。がん発見のためにこれらを利用する検査のことを腫瘍マーカー診断と呼んでいます。

メリット

卵巣がんに関しては、腫瘍マーカーによって、比較的詳しい情報を得ることができる

デメリット

腫瘍マーカーは、がんの早期には血液中に出ない為、早期がんの発見は不可能
がん以外でも測定値が上昇することがあるため、腫瘍マーカーだけでがんを診断することができない。

検診内容

腫瘍マーカーは健康な人の場合でも、わずかに出ていますが、特定の腫瘍ができると増加するため、がんの存在を確認したり、進行度や治療の成果、再発の診断のために利用されています。
検査方法は簡単で、一般の血液検査のように、採血して調べます。

がんの治療後は、定められた正常値の範囲内でも、上昇してきていたら異常があるかもしれないので、注意が必要です。そのため、腫瘍マーカー値の判断は医師(できれば腫瘍の専門医)に聞き、自己判断をしないことが重要です。
検診で腫瘍マーカーを測定し、正常であれば進行がんがある可能性は低いと考えられますが、早期がんの存在は否定できません。細胞診、組織診、画像診断、そのほかの検査と合わせて総合的に診断するために利用するものと考えてください。
【腫瘍マーカーの数値に一喜一憂しないで、検査の結果については、医師から十分説明を受けましょう】

スポンサードリンク

ページの先頭へ