子宮体がん,初期症状は、不正出血(おりもの)が代表的な症状。子宮体がん初期症状の不正出血(おりもの)をキャッチして子宮体がんを早期発見治療




子宮体がん初期症状

初期症状は、不正出血

女性とお腹の症状子宮体がんは初期症状に、月経時以外に出血する【不正出血】があります。患者さんの約90%にみられる自覚症状です。
スポッティング(点状のわずかな出血)、一時的な少量の出血、閉経後出血、閉経前の過多月経・不規則月経など、出血量の多少にかかわらず不正出血には注意が必要です。続けて起こらずとぎれとぎれにある出血は、見すごちがちですが、少しでも出血があれば受診する必要があると思ってください。

子宮体がんとおりもの

出血が少量だと褐色のおりものになることが多いので、【おりもの】の状態にも気を配りましょう。まざらわしいのは、40代後半~50代という更年期世代。更年期は、ホルモンのバランスがくずれることから異常な出血が起こりやすいのですが、検査をしなければ出血の原因はわかりません。気がかりなのは、閉経前後の人が、不正出血を「閉経後にありがちな生理不順」「更年期の症状だから問題ない」などと思い込むことです。自己判断や、友人などに「だれでもそんな感じだから、心配ないよ」などと言われて、受診の機会をのがさないように

異常なおりものや下腹部痛などにも要注意

おりものの状態が異常になって、量が増える人もいます。子宮体がんが進行するにしたがって、おりものは黄色から褐色がかってきたあと、しだいに血がまじり、肉汁のような感じに。感染を伴うとうみのようになって量も増え、悪臭を伴うようになります。そのような子宮体がんの症状に気づかずにほうっておくと、やがて下肢の痛みやむくみ、排尿痛または排尿困難、直腸障害、性交時痛、性交後出血、貧血などの症状も出てきます。また高齢の人におおいのですが、がん組織からの出血やうみ、分泌物が子宮腔内にたまり、発熱や悪寒、下腹部痛などの症状がみられることもあります。それを排泄しようとして、陣痛に似た下腹部痛が起る事もあります。

スポンサードリンク

子宮がん症状一覧

子宮体がん

I期 閉経前の人 月経の間隔があく、月経ごの不正性器出血、血の混じったおりもの
閉経後の人 不正性器出血、おりものの変化
進行すると うみと血の混じったおりものの増加

ページの先頭へ