子宮卵巣しくみを知る事から、子宮がんや、卵巣がんなどをより理解する事ができるようになります。子宮がんの正しい知識を得るためにも子宮のしくみを把握しよう




子宮のしくみ

内性器、外性器に分かれる

子宮、卵巣の図解女性生殖器は、内性器と外性器に分かれています。受精から胎児の生育、出産、女性ホルモンの分泌など、女性の重要な機能を担っているのが内性器です(膣、子宮、卵管、卵巣)。内性器のうちの子宮は、胎児が育つ「子宮体部」と、膣への連絡口である「子宮頸部」に分かれます。子宮の内側は、内膜という粘膜におおわれています。受精(妊娠)すると、受精卵はこの子宮内膜に着床して、成長していきます。子宮の外側は、平滑筋(へいかつきん)という丈夫で伸縮性のある筋肉でできています。妊娠して胎児が成長するにつれ、子宮が自然に大きくなるのは、この筋肉の作用です。卵巣は左右に1つずつある親指大の大きさの臓器で、卵子の生成や成熟、排卵を行う生殖器官の役割と、ホルモンを分泌する内分泌器官の役割を担っています。卵巣の機能が停止すると、女性ホルモンが分泌されないため閉経し、生殖機能も消失します。

月経はこのようにして繰り返される

成熟卵胞と排卵卵巣の中には、沢山の卵胞(卵子の入った袋)があります。最初はごく小さな原始卵胞ですが、脳内の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)の指令を受け、卵胞の1個が発育して成熟卵胞になります。成熟卵胞は卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌するようになります。このホルモンは、子宮内膜に作用して内膜を増殖させるとともに、脳の視床下部にも情報を伝えます。視床下部は、血液中のエストロゲンの濃度が高くなったことを察知して下垂体に指令を出し、こんどは下垂体から黄体形成ホルモン(LH)が分泌されます。その作用で、成熟卵胞が卵巣から飛び出します。これが排卵です。排卵が起こったあとのぬけ殻となった卵胞は、黄体に変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。プロゲステロンの役目は、エストロゲンがつくった子宮内膜を維持し、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜をふかふかの状態にしたりすることです。妊娠が成立しなければ、約2週間ほどで黄体は退化し、プロゲステロンの分泌も停止します。すると、子宮内膜が維持されなくなってはがれ落ち、体外に排出されます。これが月経です。月経が始まると、再び下垂体からFSHが分泌され、卵胞の発育が始まります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ