医療用かつらウイッグ)やスカーフ、バンダナ利用で、子宮がん治療時におしゃれ脱毛対策が可能です。医療用かつらのポイントや利用法について




頭部を保護し、精神的負担を軽減するかつら(ウイッグ)

抗がん剤の副作用で、一時的に髪の毛、まゆ毛、まつげが抜けてしまう事があります(脱毛が生じる場合は、抗がん剤治療を開始してから2~3週間後に始まることが多い)。脱毛の程度は、抗がん剤の種類によって変わりますが、特に頭髪の脱毛は、人に会いたくない、外出したくないといった精神的な負担にもつながります。ですから、抗がん剤治療をする時に、脱毛が必ず生じるのかどうかを主治医に確認しておくといいでしょう。精神的な負担の軽減や頭部保護に、かつら、帽子、スカーフ、バンダナなどを上手に活用して、脱毛の時期を明るく過ごしましょう。

かつら(ウイッグ)購入する時

かつらを購入したい時は、情報収集が欠かせません。

実際にかつらを利用されている方にアドバイスや意見を聞いてみる
インターネットで情報を集める
メーカー、販売店からパンフレットを取り寄せる

かつらを購入するときは、よく調べた上で、かつらショップや専門店、美容院、医療施設内の理髪店などを訪れ、お店の方に相談しながら自分に合うかつらを探しましょう。

かつら選びのポイント

医療用かつらが理想

医療用かつらが、化学療法(抗がん剤)の脱毛には適しています。なぜなら、化学療法(抗がん剤)による脱毛は、突然大量の頭髪が抜けるため、頭皮は弱りやすくなっています。ですから、頭髪がある人向けのおしゃれ用かつらよりは、けが防止や保温効果などの対策を重視して作られている医療用かつらの方が適しています。

ヘアスタイルを決める

かつら選びの大きなポイントは、これまでの自分のヘアスタイルに近いものにするのか、思い切ってイメージチェンジをするのかを決める事です。

材質・つくり・フィット感などと予算の折り合い

医療用かつらは完全オーダーメード品、セミオーダーメード品、既製品に大別されます。費用は、数万円から数十万円まで大きな幅があります。また、かつらの材質には、人毛100%、人工毛(合成繊維)100%、それらの混合があります。植毛法も、手作業と機械植えの違いがあります。
これらの違いが、価格の違いとなって表れていることは、ほぼ間違いありません。人毛かつらは、一見してかつらだと分かりにくく、カラーリングやパーマも可能です。しかし、長期間使っていると、においや雑菌がつきやすく、手入れに手間がかかります。一方、合成繊維の人工毛かつらは、人毛に比べて気づかれやすいのですが、洗いやすい、乾きやすいなど手入れが筒単です。ただし、静電気で毛がもつれることもあります。多少高価でも細かい要望に応えてもらいたいのか、フィット感などが多少不足しても手ごろな値段の方を選ぶのかは、個人の好みと予算が折り合うところを検討しましょう。いずれにしても、違和感がない、頭皮を刺激しない、治療後の発毛を妨げない、美容的にも優れているなどを基本的なチェックポイントにするとよいでしょう。

帽子、スカーフ、バンダナを上手に利用

かつらは頭が締め付けられるようで抵抗があるとか、蒸れていやだとかいう理由で、毎日のかつら装用に抵抗がある人もいます。初めからかつらを使用しない人もいますが、正装したときはかつら、カジュアルなときは、帽子やスカーフ、バンダナなどをと、使い分ける人が多いようです。
帽子やスカーフ、バンダナを利用するときも、少し手を加えるだけでもおしゃれ度がアップします。例えば、帽子のへりに部分付け毛を取り付けてかぶったり、スカーフやバンダナを頭に巻いて、そのへりから部分付け毛を出しておくなどのひと工夫で、自然な感じになります。色々と試してみましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ